ごめんなさい?

夫と離婚して、小学生の子供を抱えて実家近くの札幌市へ、戻った時の事。

当時の私は、ネット上である教室を運営していた。全国に受講希望者がいるので、月に数件の受講者がいれば何とか家計のやりくりはできた。だんだん受講者が減ってきたところで、離婚だったので、心細くはあった。

ある月、受講希望者が0だった。当然、収入はゼロ。でも、今日、食べる物は必要。タイミング悪く、電話料金が2万円超え。

銀行引き落とし残高不足で、不能の連絡。今、手元の財布に入っているお金を支払ってしまったら、生活費がない。離婚後、夫の扶養家族でなくなったので、クレジットカードが使えなくなっていたので心細さはマックス。

ものすごく罪悪感を抱えながら、ネットスクールの講師をお願いしている、スタッフの一人(完全歩合制で、現場のスクーリング講師をお願いしていた)に、電話。

「今、取引先の業者へ向かっているのだが、電話代金の支払いを忘れてしまった。ここは、北海道の電話もあまり通じない辺鄙なところで、コンビニもない。今日振り込まないと、困るので代わりに払い込んで欲しい」と「いいよ」とその講師、10年来の友人でもあるので信頼して払ってくれた。

その後、その講師に払うべき講師料や交通費、宿泊代なども、払えない。彼女がさすがに怒って問い詰めた。返したい気持ちはあるのに、未だ払えていない。

送られてきた借用書(本当は私が書かなきゃいけないもの)にサインして、借りたまま、6年以上が経つ。ほんとに、ごめんなさい。がんばって必ず返します。