住宅ローンの返済でどうしても必要になりました。

住宅メーカーに勤めている友人を持つ主人が、その友人に泣き疲れて一戸建てを買う事になりました。

もらっている給料から考えると家のローンなんて絶対に無理だったのに、友人への義理とか、昔に世話になったからと言って買ってしまったのです。

月々の返済はお給料の1/3以上で、家計が一気に苦しくなりました。

最初は足りなくなったお金を銀行のカードローンで補填していたのですが、毎月の事なのでカードローンも限度額になってしまい、夫婦でお金の事でいつも喧嘩ばかりしていました。

ある時、主人から消費者金融からお金を借りてほしいと頼まれました。自分が借りた事を会社に知られると困るから、と。

これから出世するからそうしたら迷惑はかけないから、と言い、私もお金がないと困るので、しぶしぶレイクの無人店舗に行き、カードを作りました。

私は専業主婦だったので借りられる額はそんなに高くなく、それでも当座はしのげると思い、借りる事になりました。

それからは毎月返済が始まりました。お金を借りてそのまま返しているだけのような錯覚に陥りそうになりましたが、主人の言った通り、割りと早めに主人の出世が決まり、毎月の家計に少し余裕が出てきました。

でも返済は終わりません。毎月、無人店舗の終了時刻近くに子供が寝てから一人お金を返しに行きました。

その時の寂しさというか情けなさは今も忘れられません。