夫が病気で働けなくなり消費者金融でお金を借りるように

もうずいぶん前のことになりますが、消費者金融が少しずつ認知され始めて、テレビCMもみかけるようになった頃、私はどん底生活にハマっておりました(^ ^;

結婚相手が病気で働けなくなり、幼い子供をかかえて思うように勤めに出ることもできずにいた私は、いつしか消費者金融を利用するようになっていました。

いや。いつしか...というより、夫のすすめで利用し始めたんだっけ。会社経験のある夫は、企業の運転資金のノリで、"借金"にあまり抵抗を感じていない様子で、いつしか私もその影響を"過剰に"受け、パートのお給料が出ると、全額消費者金融の返済に入れる、という日常を送るようになっていました。


もはや、"借金"という感覚は感じていませんでした。

むしろ、お給料を自分の口座に貯金し、そこから生活費をおろすような感覚です。

それは「貯金」ではなく、借り入れの「利用可能額」なんですけどね...(;^_^A

そんな生活も長くなり、徐々に"自転車操業"も追いつかない状況に陥りつつありました。

"借金慣れ"してしまっていた私は、利用口座を増やすような感覚で、別の消費者金融に相談に行きました。

...今にして思えば、この時の窓口担当者さんが私の人生の救いの神だったのかも知れません。

「貸してあげることはできますが、もう一度別の方法を考えてみませんか?」

その人はそう言って、私の発想の"方向転換"をしてくれたのです。

そう言われて私は、もう大きくなっていた子供を保育園に預けて長時間働く、という、まっとうな方法を考えるようになり、結果収入も増え、いつしか借金は全額払い終えていました。

あの時あの担当者さんに出会わなかったら...。

私の人生を下げ止まらせてくださって、本当にありがとうございました!